« ASUSさん、タッチパネル搭載モデルなどでネットブック市場 再活性化を! | トップページ | MobileMeterでEeePC1000H-Xの温度管理 »

2009年6月14日 (日)

Apple SafariをEeePC 1000H-Xでお試し利用

Apple Safari v4が出たので、EeePC 1000H-Xにインストールし、
Firefox3.0.11と比較しつつ利用してみました。
Safarivsfirefox_2
結論としては、EeePC 1000H-Xで使う場合、Firefoxに取って
替わるほどではないという感想です。
ただ、デザインや機能(よく利用するサイトのサムネイルを自動
表示、閲覧履歴をカバーフローのような画面で表示)は優れて
いると思います。

<EeePCで使う場合のデメリット>
使用条件の前提:
・メモリ 2GBに増設(うち0.5GBはRAMディスク化)
・同時起動ソフト(ウイルスバスター2009、WINAMP、
   TClockLight、Moblie Meter、RamPhantom3LE)

1.ココログの編集で記事の作成モードがきちんと表示されない
  (挿入した画像が表示されず、画像を貼るためのタグが表示
  される。記事の「確認」ボタンを押してプレビュー画面にする
  と画像は表示される)
 →Safari、Google Chrome 共通

2.動作が重い・反応が遅い
 Safariで検索ウインドゥに文字を入力中や検索結果のリンク先
  をクリックした場合、画面が一瞬フリーズしてしまう。

|

« ASUSさん、タッチパネル搭載モデルなどでネットブック市場 再活性化を! | トップページ | MobileMeterでEeePC1000H-Xの温度管理 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Apple SafariをEeePC 1000H-Xでお試し利用:

« ASUSさん、タッチパネル搭載モデルなどでネットブック市場 再活性化を! | トップページ | MobileMeterでEeePC1000H-Xの温度管理 »