« 休日の手料理 | トップページ | キムチチャーハンと中華スープを作ってみた »

2014年10月13日 (月)

チャーハンを作ってみた

休日なので、ひさしぶりに炒飯を作ってみました。

使用したカメラ・レンズ:
[OLYMPUS PEN E-P1 +SIGMA 19mm F2.8 DN Artline]

Sa134242_r

材料:
ウインナー、茄子、白ねぎ、卵、ご飯。
調味料:
香味ペースト(味の素)、赤穂の塩。

<調理手順>
ご飯:炊く。炒飯用なので水を若干少な目にする。

茄子:切って水にさらす(あく抜き)。

白ネギ:細く輪切りする。
ウインナー:細かく切る。

茄子、白ネギ、ウインナーをフライパンで炒める。

ご飯と溶き卵をボウルで混ぜた後、フライパンに入れる。

塩、香味ペーストと油を加え、炒める。
油が足りないとご飯がくっついてパラパラになりにくいので注意。

盛り付けするときには、しゃもじとお茶碗を使うと綺麗に盛り付けられて便利です。


撮影にあると便利なもの:
東芝のFlashAirはSDHCカードをデジカメに挿入したままタブレットやスマホ(AndroidとiPhone・iPad)と通信可能です。
マクセルのAirStashはSDHCカードをカメラから外し専用のカードリーダーに入れることでタブレットやスマホと通信可能です。JPEG画像の圧縮転送をやってくれるので、スマホからホームページや友人のスマホへの転送に便利です。

なお、PHOTOHITOにアップロードする際、iPhoneやiPadだとExifが表示されません。これらの商品の仕様ではなく、iOSの仕様です。
Exifを表示させたい場合はAndroidやWindowsから写真をアップロードしましょう。



Android:現在はNEXUS7(2012)Wi-Fiモデルを使っています。2013モデルにも興味津々です。


STYLUS SH-50にはカメラ本体に合うアイボリーのフィンガーリング ストラップを装備しています。


STYLUS SH-50を入れるカメラケースはOUTDOOR製を使用中。カメラだけでなくiPhone5も入ります。
純正オプションの革製カメラジャケットにも興味津々です。


OLYMPUS PEN E-P1で使っているSIGMAの単焦点レンズ Artlineシリーズ(マイクロフォーサーズマウント)は入手しやすい価格かつ写りがよいので助かります。
標準付属のズームレンズではブレやすかった暗所の撮影でもぶれにくくなりました。


OLYMPUS PENで気になる機種:
OLYMPUS PEN Lite最新機種 E-PL7はクラシカルな外観と自分撮りに最適な下から出る液晶が魅力的です。

|

« 休日の手料理 | トップページ | キムチチャーハンと中華スープを作ってみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

最近チャーハン作っていません。若い子(って息子ですが(^_^;))がいなくなったせいかな。
夜中に見てるとちょうどおなかが空いて、写真のチャーハンでも食べたくなってきます。

滝の道ゆずる、面白~い(o^^o)

投稿: 標高480m | 2014年10月16日 (木) 00時20分

標高480mさん
チャーハン、たまに食べるとたまらなくおいしいです。
滝の道ゆずる、ゆるキャラがマンホールになっている珍しいケースです。

投稿: sou | 2014年10月16日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日の手料理 | トップページ | キムチチャーハンと中華スープを作ってみた »